定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

Scott Galloway先生の大胆予測:NFLXの後を追うTSLA

Twitterの経営改善(? ハンドリング?)に時間を割いているイーロン・マスク

今や公平な言論プラットフォームではなく、急カーブを切る一個人(「独裁者」)によって支配されている(という風に見える)ことが、民主党を中心にTwitter離れが加速しており、広告主も激減している状況。

果たしてTwitterは生き延びることができるのだろうか・・・

 

 

 

それよりも、同氏にとってより深刻なのが

 

Teslaの株価・・・

 

 

Galloway先生の予測は

 

時価総額は6千億ドル→3千億ドルに半減するだろう 今後6-12ヶ月の間に

 

というものです。

 

 

Twitter離れに起因するTesla離れが起こる。

その間に、BMWメルセデスレンジローバー等「本物のクルマを売っている」プレミアムブランドから続々とEVが投入されてくると、Teslaの相対的優位性が危うくなってくる。

 

アッパー層にとって、所有するクルマは究極の自己表現のひとつである。

プレミアム価格を支払って、何かを誰かに伝えたい・・・

 

そういう事に拘らない実質主義の人は基本的にToyotaを買うのである。

 

今までは上記のようなイメージであったが、今後はテスラを購入する/運転する人は

 

「あなたったら イーロンマスク派なのね」

 

 

という風に見られることになる。

 

それに加えて、今後はBMもローバーもEV選択肢をユーザーに提供していく。これらが高所得者層のテスラ離れを加速する要因だ。

 

今後の決算でも売上・出荷台数ともに最高を記録するだろうが、それでも株価は下がっていくだろう。

 

”前例”としては、Netflixが格好の参考例だ。2010年ごろから、同社のビジネスモデルは輝いていた。既存勢力(映画スタジオ)がデジタル化の対応に遅れを取るなか、独走体制を築くことができた。ほぼ10年間、競合なし。

しかし、いまはどうか?Disneyはじめ、スタジオが気合を入れてきている。AmazonPrimeビデオもある。選択肢があふれかえる。

 

両者の株の下げっぷりに比べれば、ダウ平均なんてほぼ無風と言えます。