定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

Mattress Mack ものすごいマーケティング

テキサス州ヒューストンで家具を販売するMattress Mack ことJim McIngvale氏がすごいです。

 

経営者としても、ギャンブラーとしても有名で

シーズンはじめにHoustonアストロズワールドシリーズに優勝する に$10Million(14億円)を掛けています

 

そして、本当にそうなったら、顧客が買ってくれた3,000ドル以上のマットレスをタダにします、というプロモーションをぶちあげ。

 

実際に彼は賭けに勝ち、$75Millionを受け取りました。合法的なスポーツ賭博では世界最大の支払額といわれています。

www.espn.com

 

お客さんには「俺が賭けに勝ったら皆さんのマットレスをタダにします」「負けたら、ごめんなさい」というやり方で、3,000ドル以上のマットレスというと高級品のような感じではありますが、数千個が飛ぶように売れたとのことです。

買ったひとはラッキー。タダで高級マットレスです。

 

それにはとどまらず 今年もやるぞ!ということで

さらにパワーアップしたオファー内容は、なんと、”倍返し”。

 

3000ドル以上のマットレス買って、アストロズが優勝したら、6,000ドルお返し!!

 

 

この方、一代でここまでやって来られた苦労人で、自室の壁や、店のいたるところに、「格言」を書いたり貼り付けたりしています。

 

  • Difficulties are stepping stones to success
  • It's what you learn after you know it all that really counts
  • Adversity is a blessing in disguise and certainly is the greatest character builder
  • When you're going thru hell keep going
  • Focus on bright spots

 

困難を乗り越えて成功した人だけが語れる言葉なのでしょう。

 

そろそろ引退では?と聞かれると、仕事は人生に意味をもたらすものであり、命ある限り続ける といったようなこともおっしゃってます。つまり引退の意向は一ミリもない。

若者に対してのアドバイスとしては、「10でも12でも、いろんな仕事をやってみろ。その中で自分の好きな仕事を見つけるんだ。好きなことが仕事であれば、そこに費やす時間(が長くなっても)気にならない筈だ。働くことが喜びになればそれは楽しい人生である」と。奥深いですね。ゴールドウインの渡辺社長も確か同じようなことを言ってた気がします・・・趣味と仕事の境目が無い人生、のような。