定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

サッカー日本代表 アメリカに快勝

カタールW杯に向けての最終仕上げと選手選考がかかる重要なAマッチで日本がアメリカに2−0と快勝しました。

 

フットボール編集部の選手採点は以下

 

===

権田修一 6.0 危険なシーンはそれほど作られず。前半の勇気ある飛び出しは見事だった
酒井宏樹 6.5 鋭い出足で対峙したレイナにストレスを与えていた。一列前の伊東との関係も良かった
吉田麻也 6.0 ボックス内での対応は落ち着いていた。しかし、前に出ていく守備が少し危なっかしかった
冨安健洋 7.0 吉田や中山のカバーリング、ビルドアップ等の全てがパーフェクト。さすがの安定感だった
中山雄太 5.5 判断力が良くなく、ビルドアップ時の雑なパスが散見。この試合唯一の不安ポイントだった
遠藤航 7.0 守田との関係性が良く、中盤のバランスを崩さなかった。前に飛び出す守備も効いていた印象
守田英正 7.5 攻守における存在感がピカイチで、中盤に安定感をもたらす。鎌田へのアシストも見事だった。MVP選出
伊東純也 6.5 右サイドで存在感を発揮。縦に抜け出すだけでなく、カットインでも相手DFの対応を困らせていた
鎌田大地 7.0 貴重な先制点をゲット。それ以外にも絶妙なポジショニングや動き出しからチャンスに絡んでいた
久保建英 6.5 デストとの1対1は非常に見応えがあり、決して負けていなかった。欲を言えば、もう少し決定機に絡みたかった
前田大然 6.0 スピードを生かしたプレスは相手の悩みの種となっていた。しかし、攻撃面での働きは十分とは言えない

シュミット・ダニエル 6.0 権田同様、危険なシーンは作られず。フィードの正確さは光った
伊藤洋輝 6.5 後半からの出番という難しい中でも冷静にプレー。点を与えなかった
町野修斗 5.5 後半頭から出場も存在感はなし。ボールを収められずシュートも打てなかった
堂安律 6.5 限られた時間ながらチャンスに絡んだ。75分のチャンスは決め切りたかったところ
三笘薫 7.0 代名詞のドリブルで何度も敵陣深くへ侵入。終盤にはゴールと、ジョーカーとして申し分ない働き
原口元気 出場時間短く採点不可

森保一 6.0 4-3-3ではなく4-2-3-1を採用。守田・遠藤のダブルボランチの安定感など収穫はあった

===

 

サッカーは11人(+交代選手)が、90分戦うものです。その90分間の間に相手より1点多く取れば勝つというゲームなので、その中における個々が果たす役割が重要です。

 

前田大然は、決定機こそなかったものの、スタミナあふれる走りっぷりで、相手を疲弊させました。今回出ませんでしたが、長友選手もそういう役割でしょう。

 

遠藤/守田は安定感があり、見ていて安心できました。後ろに富安が戻ってきたのも大きい。

 

アタッカー役の伊藤純也、三苫薫は、この森保Jのコアとなることを改めて示してくれました。今回出番がなかった南野や、負傷から回復してきている大迫との兼ね合いをどうするか、監督としては悩ましいところでしょう。

 

個々の役割とも言えますが、その上でチームとしてのケミストリーがより重要となるので、「いま波に乗っている」状態であれば、このフォーマットを維持しながらカタールに突入していくのも一案です。

 

なにせグループリーグの組み合わせが大きな難題で、ドイツスペインと同じ組という不運であるので、ワンチャンで決め切ることができるかどうか、の戦いです。前半は長友と前田で相手を疲労させ、後半の交代枠で一気に仕留める、という形が作れるかどうか。

 

「格下の」日本に油断してくれる相手の一瞬のスキを逃さない、こんなプレイの再現を見たいところです。

 

youtu.be

松井のクロスがゴール前に上がり、入ってきた本田がうまいこと左足で押し込んでました。これで一気に流れが日本になった瞬間でした。

 

カタールW杯まで、日本選手の活躍と、森保監督の最終選考から、目が離せません。