定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

鳥貴族 自由が丘

焼鳥チェーン大手の『鳥貴族』。安定感のある品質と接客、そして激安という、三拍子揃った名店です。

今回は自由が丘北口店に。


f:id:zamun8:20220914082441j:image

 


f:id:zamun8:20220914082456j:image

 

タッチパネルで注文ですが、一覧性の高いメニューもありました。

メニューはオール税込350円とわかりやすい。

f:id:zamun8:20220914082506j:image

 

クイックメニューから枝豆とキャベツ(キャベツは食べ放題)
f:id:zamun8:20220914082517j:image

 

大ジョッキの金麦。
f:id:zamun8:20220914082527j:image

 

白姫えび®串焼

鹿児島県で育てたプリップリの白姫えびを塩焼きにしました。頭の部分も殻ごと食べられます。

美味しかったけど、小さい。この店はやっぱり貴族焼だと確信します。
f:id:zamun8:20220914082536j:image

 

ふんわり山芋の鉄板焼

口の中で柔らかく溶ける山芋と、こくを感じるだしのハーモニー。濃厚な山芋の味が楽しめます。

これは美味しい。もんじゃ焼きのような感じでスプーンで食べました。
f:id:zamun8:20220914082545j:image

 

もも貴族焼(塩)

焼鳥通は塩で食す。もも肉の味わいを塩が引き締め甘いネギが肉の旨みと見事にマッチ。

ほんとにでかい。普通の焼き鳥の2倍ぐらいはあるので、ランチであればこの一皿プラスご飯で立派な焼き鳥丼ができそうです。

 

f:id:zamun8:20220914082555j:image

 

もも貴族焼(たれ)

鳥貴族の代名詞、名物貴族焼!!もも肉とネギとの絶妙なハーモニーをご賞味あれ!

個人的には塩よりタレが好きです。このタレの味がいいのと、もともと最高級の肉質ではないということもあり、タレでそこを補う、このスタイルがとても合っています。酒が進む進む


f:id:zamun8:20220914082604j:image

 

名古屋コーチン串焼
【なくなり次第終了!】

日本三大地鶏である名古屋コーチン。丁寧に焼き上げた極みの串焼きです。

見ての通り、前述の貴族焼に比べたら小人のような大きさで、かなり拍子抜けします。が、名古屋コーチンが2本で350円というところに関しては文句なしです。


f:id:zamun8:20220914082612j:image

 

カマンベールコロッケ

人気の秘密はもちトロ食感!カマンベール、クリーム、チェダーチーズをミックス、豊かな風味がやみつきに。

期待した割にはそう大したものでもありませんでした。
f:id:zamun8:20220914082621j:image

 

とり白湯めん
【リニューアル】

丸鶏の旨味を濃縮し、魚介の旨味を合わせたこだわりスープです。

パイタンがよかったけど、魚介の味がかなり強く、これまで美味しく頂いた焼鳥が色んな意味でリセットされてしまいます。
f:id:zamun8:20220914082630j:image

 

更にハイボール、日本酒などフリーバッティングのように飲んで、お会計は二人で6,300円と、本当に有り難いお店です。

 

丁度、焼鳥チェーン「大吉」を買収というニュースが出てました。

www.jiji.com

大吉は大吉で、ややローカルな地域に展開する焼鳥居酒屋で、アットホームないい店が多いですね。