定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

ブラッスリーポール・ボキューズ

東京駅の真上にある、大丸12階のこちらのレストランにお邪魔してきました。

 

 

中は広々としており、窓側からは八重洲側の景色です。伝統的な八重洲、古めかしい雑居ビルがひしめいていますが、ブルガリホテルも上にできるという、Tokyo Midtown Yaesuの登場を機に、変わろうとしています。

ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京 - 大丸東京/フレンチ・ブラッスリー [一休.comレストラン]

 

休日のランチタイムだというのに、家族連れやカップルよりも、ご婦人同士の姦しいランチパーティーが多く、にぎやか(は上品な表現。ぶっちゃけ、うるさい)でありました。

 

当然のごとく、最安メニューの3,300円コースを選択。

 

 

 

パンとリエットが出てきます。これが美味しい。パンはお代わりOK.

 

ニース風サラダ。前回(半年前ぐらい)来たときの前菜はキッシュとかだったと思うので、食材高騰等の影響でダウングレード感が伝わってきます。

 

追加550円で、おすすめのスープ。ガスパッチョ。これは美味しい。ワインが飲みたいと。

 

グラスワイン最安のもので、たぶんこれだったと思う 660円(楽天で1,400円位で売っている)。爽やかで軽く美味しい。ひらまつグループなので、最安値のものを選んでも、そんなにヘンなものに当たらないのが有り難い。

 

 

 

 

メインは豚のロースト。バジルソースに、ヤングコーン、なすのグラタンのようなものがついてくる。

安いランチのメインの肉は豚の出現率が高いと思う。つまり私はよく豚を食べている。

 

デザートは当店スペシャリテのクレムブリュレ。これも文句なく美味しく。

 

以上、2人で3,300円のコースに550円のスープを加え、ビールとワインを少々飲んで、合計のお会計は9,900円。

株主優待券で2割引きとなり、支払額は7,920円でした。メルカリで千円で購入した株主優待券がすでに1度のランチでPayできました。