定年間際の苦悩と闘う日々

資産運用、ファッション、グルメなど 日常生活での気づきを綴っていきます

五反田 おにやんま

五反田のうどん といえばこちら と言う程有名な、伝説のうどん屋さん「おにやんま」に久々にお邪魔してきました。

 

食べログスコア3.74 百名店に選出されている実力者です。

tabelog.com

平日の正午をすこし回ったところで、行列はさほど大したこと無く8名程度。回転の早いお店なので、問題なく列に並ぶことに。

しかし、猛暑日というのに、冷蔵庫が店の外を向いていたり、麺を運ぶ箱も、のれんの外に出たまま、というのは如何なものか・・・

プライス的にはこういう感じ

ベースのかけうどん 350円

とり天 520円

とり天ちくわ天 590円

大盛り +120円

ということで、

とり天ちくわ天大盛りで 710円税込。

 

中の働き手は3人、うち2名が外国のひと。

 

食券をそこにおいてくれ、と頼まれたおしぼりの汚れが何気に気になります・・・

立ち席に案内されてからも、オーダー残が処理しきれておらず、5分ほど待ちます。

そして登場。

 

アップの図

 

備え付けの七味と、おろし生姜を投入したところ。

 

味は、美味しいです。特に天ぷら類は絶品。

 

敢えて課題をあげるとすれば

 

・夏なので、「冷」のつゆの温度はもっと冷たいほうがありがたい

・薬味取り放題のなかに、ネギも追加してほしい

・灼熱の太陽の下の行列の後、冷房が激弱い店内、お隣さんとの距離も劇近、ということで、快適さを求めてはいけない

・キャッシュレス非対応

・給水機が場所によっては席から遠く、且つコップのサイズがえらい小さい

・飛沫防止シートが風で動き、器を持ち上げて食べる顔につきそうになる。それを避けようとするタイミングで、狭い背中と壁の間を人が通る。そういうわけで、狭い立ち席を一層困難な食事場所にしてしまっている

・清潔感に欠ける(夜なら目立たなかったかも)

・総合的にみてコスパはいまひとつか(Google Map過去写真を見ると、かけうどんは21年1月まで300円、その後22年1月に330円、そして現在350円と、1年半で17%上昇です)

 

ただし、それらの「課題」を上回る美味しさがそこにあります。

うどんラヴァーであれば、一度は訪問MUSTのお店であることは間違いありません。